初めてのカラコン口コミ比較
初めてのカラコン > コンタクトレンズのトラブル > 最も怖い目の病気と言われている角膜潰瘍とは

最も怖い目の病気と言われている角膜潰瘍とは


最も危険な目の病気の1つ角膜潰瘍とは

あなたはコンタクトレンズが原因で引き起こされる病気の中で最も危険なものの1つだと言われている角膜潰瘍をご存知でしょうか。

実はこの角膜潰瘍になってしまうと最悪の場合、失明になってしまうこともあるほどのものなのですが、コンタクトレンズを使っている人でも知っている人はあまり多くないようです。

今回の記事ではこの角膜潰瘍が一体どのような病気、なぜなってしまうのか、ということを解説したいと思います。
もしあなたが現在コンタクトレンズを日頃から使っているのであれば、ぜひ一度目を通しておいてくださいね。

角膜潰瘍とはどんな病気?

それではまず初めにこの角膜潰瘍がどのような病気かを解説していきます。

角膜潰瘍とは目の表面にある角膜が内部の深いところまで傷付いてしまった状態のことを示す病気で、一度なってしまうと目に激しい痛みや充血などの症状が起きると言われています。

また角膜が深く傷付いてしまっただけでなく、ある特定のウイルスなどに感染してしまっているケースもあるようで、この場合には感染性角膜潰瘍と呼ばれています。
この感染性角膜潰瘍という病気は最初にも少し触れたように、最悪、失明してしまうことがあるほどの恐ろしい病気なのです。
ですので、感染性角膜潰瘍になってしまった場合には、正しい治療を可能な限り早く開始する必要があるのです。

角膜潰瘍とはどうやって治すのか

さて、ここまでお読みいただければ、角膜潰瘍という病気がいかに恐ろしい病気であるのかおわかりいただけたかと思いますが、もし万が一この角膜潰瘍になってしまった場合にはどのような治療を行っていけばいいのでしょうか。

基本的な治療としては抗生物質を利用した治療法が選択されるようです。
また当然ではありますが、コンタクトレンズの使用は治療の間は禁止となります。

角膜潰瘍とはなぜなってしまうの?

それではこの角膜潰瘍という恐ろしい病気はなにが原因で起きてしまうのかと言うと、コンタクトレンズを使用している人に限って言えば、正しくないコンタクトレンズの使い方をしていたり、目やレンズのケアを怠ることが原因で起きてしまうとされています。

例えば、決まっている装着時間よりも長くコンタクトレンズを装着し続けてしまったり、レンズの消毒や管理を適当に行っていることが、この角膜潰瘍が起きる原因になるのです。

ですので、この角膜潰瘍という恐ろしい病気を予防するためには、日頃から正しい方法でコンタクトレンズを使用し、そしてケアを行っていかなければならないと言うことです。
もしこれまであなたがそこまで意識してコンタクトレンズのケアなどを行っていなかったのであれば、今後は必ず正しい方法で、そして毎日続けていってもらいたいと思います。

基本情報

目について

コンタクトレンズのトラブル

カラコン通販サイト