初めてのカラコン口コミ比較
初めてのカラコン > コンタクトレンズのトラブル > 油断が出来ない目の病気、点状表層角膜症とは一体?

油断が出来ない目の病気、点状表層角膜症とは一体?


軽いように見えて実は怖い点状表層角膜症とは

あなたはコンタクトレンズを使っている人がよくなる病気の1つであると言われている点状表層角膜症をご存じですか?

今回の記事はこの点状表層角膜症が一体どのような病気であるのか解説していきます。

見出しにもある通りこの病気は軽いように見えますが、実は非常に危険性のある病気なので、コンタクトレンズを普段からよく使っている人はぜひ一度内容をチェックしておいて欲しいと思います。

点状表層角膜症という病気はどんな症状のことを言うのか

それではまずこの点状表層角膜症とは一体どのような症状の病気なのか、解説します。

この点状表層角膜症とはその名前に点状とあることかもイメージ出来る通り、角膜の表面の上皮という部分に点状の傷が付くことを表します。
そしてこの点状表層角膜炎になると、具体的にどのような症状が起きるのかというと、傷が少なく軽い場合にはちょっと目に違和感を感じるだけで済むことがほとんどであり、傷が多い場合には目に痛みを感じたり、中には視力が低下してしまうケースもあるようです。

点状表層角膜症という病気の原因と治療法

それではこの点状表層角膜症という病気は一体何が原因でなってしまうのでしょうか。

ほとんどの場合はドライアイかコンタクトレンズ障害が原因になると言われています。
コンタクトレンズ使用者であれば、ドライアイにもコンタクトレンズ障害にもなる可能性があるため、この病気はコンタクトレンズ使用者がよくなると言われているのですね。

そして、この点状表層角膜症になってしまった場合の治療法としては、例えば点状表層角膜症になった原因がドライアイの場合にはそのドライアイに効果のある治療法が選ばれ、コンタクトレンズ障害が原因の場合にはコンタクトレンズの使用を中止するなど、基本的にはその原因をなくすための治療法が選ばれるようです。

点状表層角膜症だからと油断してはいけない理由

ここまで記事をお読みいただければ、この点状表層角膜症はそこまで大きな病気ではないというイメージを持たれるかもしれません。

確かにそれは間違いではありませんが、油断はしてはいけません。

なぜならこの点状表層角膜症が酷くなってしまうと、目の病気としては最悪な部類に入るとされている角膜浸潤などの病気になる可能性があるからです。

先ほどもお話したように点状表層角膜症は気づかないこともあるほどの病気ではありますが、万が一なってしまった時にはしっかりと完治するまで油断しないようにしていただきたいと思います。

基本情報

目について

コンタクトレンズのトラブル

カラコン通販サイト