初めてのカラコン口コミ比較
初めてのカラコン > 目について > コンタクトレンズ装用者の目の乾きを感じる理由とは

コンタクトレンズ装用者の目の乾きを感じる理由とは


コンタクト装用者はなぜ目の乾きを感じやすいのか

もしあなたがこれまで日常的にコンタクトレンズを使っていたというのであれば何度も目の渇きを感じたことがあると思いますし、もしあなたがコンタクトレンズを使ったことがないとしても、周りに目が乾いたと言うコンタクトレンズ装用者を見たことがあると思います。

それではなぜ、コンタクトレンズを装用している人は目の乾きを感じやすいのかご存知ですか?

今回の記事ではコンタクトレンズ装用者がなぜ目の乾きを感じやすいのか、その理由について詳しく解説していきますので、興味があればチェックしてみてください。

それでは早速解説を始めていきましょう。

目の乾きは感じやすい理由は、タイプごとにある

コンタクトレンズ装用者が目の乾きを感じやすい理由は、使っているコンタクトレンズのタイプによって違います。

例えばソフトコンタクトレンズを使っている人の場合どうなるのかというと、ソフトタイプのレンズは目にしっかりと貼りつくのですがそれ故に、目とレンズの間が非常に狭く、そこに水分が溜まりにくくなるのです。

さらに、その水分を蒸発させないような働きがある油の層も広がりにくくなることで、すぐに目が乾いてしまうことになるのです。

それでも反対にハードタイプのコンタクトレンズを使っている人はどういう原理で、目の渇きを感じるのでしょうか?

ハードコンタクトレンズはソフトタイプのものと違い、目とコンタクトレンズの間の隙間が非常に大きいので、一見水分はしっかりと保持されるのではないかと思えるのですが、実際はレンズの中心に水分が集まりすぎてしまい、レンズの端の部分の水分が少なくなってしまうのです。

それによりハードコンタクトレンズを使っている人はレンズのふちに目の乾きを感じるようになるのです。

以上が、コンタクトレンズ装用者がよく目を目の渇きを感じてしまう理由となります。
このような目の乾きは環境を変えたり、目を酷使しないように意識をするだけで改善されることが多いと言われていますので、もし現在目の乾きに悩んでるのであればこれを機に環境を見直してみてくださいね。

基本情報

目について

コンタクトレンズのトラブル

カラコン通販サイト